手術室看護師から病棟へ転職

手術室看護師から病棟への転職について

手術室看護師から病棟へ転職を考えている看護師さんもいらっしゃると思います。

新卒でオペ室に配属され働いているケースもあれば、手術室看護師へ転職したけれども自分には合わないかな…と考えているケースもあることでしょう。

共通して言えるのは、転職という選択を行う方が看護師生活が充実する可能性がある、ということですね。

手術室看護師の仕事内容・役割は、ある種ナースの花形業務と言えますが、その分特殊な仕事でもありますね。器械出しも外回りもオペ室特有の仕事ですし、病棟勤務で身に付くスキルとは異なります。

患者さんとのコミュニケーションにも欠けることが多く、手術室に長く勤務していると病棟に戻りづらい側面もあるようです。

もちろんオペ室の業務内容があなたに合っていたり、仕事にやり甲斐・充実感を感じている場合は、無理に病棟へ転職しなくても良いと思います。

看護師のスキルとして不安を覚える…という場合は別ですが、手術室ナースとして日々充実しているならば、あえて夜勤ありの病棟勤務に戻る必要はありません。

しかし、手術室看護師として辛さを感じている、器械出しの仕事が自分には向いていないかも? と感じている場合は、積極的に転職を考えると良いですね。

看護師紹介会社に登録して求人を探す

手術室はスピードが早いですし、手術の流れに沿う形で迅速に器械出しを行う必要があります。ダイレクトに命に関わる仕事ですから、プリセプターの指導も厳しいケースが多いですし、オペ中の緊張感に堪えられない方もいると思います。

また、医師との相性が悪い場合も転職を考えるようですね。

手術室ナースとして経験を積むことで、その後別な手術室に好条件・高給与で転職できる可能性は高くなりますが、病棟へ転職を考えているようでしたら、今から転職活動を進めてみて下さい。

その場合は看護師紹介会社・転職求人サービスを利用すると良いですよ。

あなたの現在状況、病院の希望を担当者に相談することが出来ますし、履歴書・職務経歴書を客観的に分析してもらえます。面接対策も行ってくれますし、時に面接に同行してもらえるケースもあるようです。

その他、給与の高い病棟看護師求人がシークレットに募集されていることもありますし、そのような非公開求人の紹介を受けるためには、実際に紹介会社に登録する必要があります。

登録は無料ですから、気軽に利用されてみてはいかがでしょうか?