オペ室に長くいると病棟で働きにくくなる?

オペ室から病棟への転職に関して

オペ室に長くいると病棟で働きにくくなると言われます。

看護師1年目、新卒・新人でオペ室に勤務した場合、病棟勤務とは異なる部分が多いため、基礎的なスキルが身に付かないことが多いようです。

オペ室の経験は決して無駄になりませんし、病院勤務の中で最も緊張感が高く、スピードや対応力、判断力が求められる仕事ですね。手術室看護師として担う役割はオペの成功に影響しますし、学ぶことも多いと思います。

しかし病棟未経験の状態から長くオペ室で働くと、やはりその後の転職は難しくなるのではないでしょうか。

採血や注射、保清などの一般的なスキルが身に付きませんし、器械出しがメインの場合、患者さんとコミュニケーションを取る機会も少ないと思います。

病棟や外来ではコミュニケーションも大切になりますので、その辺りもデメリットと言えるでしょう。

しかし病棟勤務からオペ室へ転職した看護師さんについては、オペ室から病棟に戻ることもスムーズかもしれませんね。病棟看護師としてブランクはありますが、それでもナース不足が続いているため全国的に求人豊富ですし、次の職場も見つけやすい状況です。

新卒で手術室に配属されて長く働いている場合

新卒で手術室に配属されて長く働いている場合も、まずは転職サイト・人材紹介会社に登録してみてはどうでしょうか?

「どうせ病棟で働くのは難しいから…」と諦めてしまうのはもったいないですよ。

病棟求人の中には『未経験歓迎』も豊富にありますし、研修が充実している病院も多数存在します。そのような病院・クリニックに希望を出すことにより、病棟勤務が未経験でも少しずつ仕事に慣れていくと思います。

オペ室で学んだ迅速な判断力、対応力、観察力、そして周囲の看護師や医師との協調性など、病棟勤務でも活かせる部分が多いのではないでしょうか。

またオペ室で夜勤なし、土日休みで働いていた場合は、夜勤ありの病棟に転職することで給与アップにも繋がりますね。

看護師の給料は高い水準にありますが、その理由として夜勤が挙げられますので、高給与の職場で働きたい場合も病棟勤務を目指すと良いでしょう。