オペ室ナースを辞めたい、転職したい

オペ室ナースを辞めたい理由について

オペ室ナースを辞めたい、転職したい看護師さんへ

手術室で働くうちに仕事が合わない、周囲の看護師、医師の指導が厳しい、業務に付いていけないなどの理由で退職を考える方もいらっしゃると思います。

実際オペ室ナースは通常の看護師業務と異なる部分が多く、配属前に考えていた仕事内容と違っていた、ということが往々にしてありますね。

その場合、同じ病院内で病棟や外来へ移動の希望を出すか、もしくは転職して職場を変えるか、2つに1つではないでしょうか。

同じ病院内で希望が受け入れられない場合、やはり考えるのは転職になりますね。

自分なりに手術室で頑張ってきた、これ以上働けない、限界が近い、という退職理由は仕方がないと思います。看護師の仕事も相性がありますし、手術室で経験を積んでも、その後夜勤ありの病棟勤務に転職しづらいとも言われています

そのため、退職に納得がいくようでしたら、ぜひ転職を考えてみて下さいね。

逆に、まだオペ室ナースとしてチャレンジしたい、辞めたい気持ちはあるが逃げたくない、スキルアップしたい、そのような場合は、手術を担当する医師の特徴面をメモしたり、分からないことを先輩看護師や医師に積極的に聞く努力も必要になりますよ。

行動を変えれが結果が変わりますし、少しの行動によって状況が打開されることは往々にしてありますね。

看護師紹介会社の利用が便利です

転職する場合は看護師紹介会社の利用が便利です。在籍しているキャリアコンサルタント(アドバイザー)に希望を伝えることが出来ますし、看護師としての今までのキャリア、職歴を元に履歴書作成のアドバイス、面接対策もサポートしてもらえるでしょう。

その場合も、オペ室ナースを辞めたことに対する挫折感は持たないようにして下さいね。

そのような後ろ向きな気持ちがあると、どうしても自信を無くしてしまいますし、自信の無さは病院やクリニック、介護施設などの面接担当者に伝わります

看護師不足が続いていますから転職自体はスムーズに進むかもしれませんが、その後入院患者や通院患者、介護施設の入居者と接する際に、自信のない態度が伝わってしまうものです。

そうなればミスが生じてしまうかもしれませんので、オペ室ナース退職をきっちり割り切って、次のステップへと踏み出していきましょう。