診療科で違う手術室看護師の忙しさ

診療科で手術室看護師の忙しさは違う?

診療科で手術室看護師の忙しさは違うのでしょうか?

色々と情報収集を行ったのですが、明確な答えは分かりませんでした。しかし、年収が高い手術室看護師が多いのは眼科や泌尿器科と言われていますので、その分忙しいのかもしれません。

もちろん大学病院や総合病院に勤務すると、オペの回数も多いと思いますし、夜間に緊急手術を行う病院は夜勤、当直、オンコール体制が取られていることもありますね。

総合病院の場合、様々な診療科で手術室ナースの仕事を経験することがあります。外科、脳神経外科や整形外科、眼科、泌尿器科など、順番は人によって異なりますが、診療科が異なるたびに覚える内容も増えます。

全体的な手術室看護師の忙しさについては、夜勤ありの病棟勤務よりも楽に働けると言われています。

手術室看護師として日勤のみ、土日休みで働ける病院もありますし、頻繁にナースコールがある一般病棟や、急患の患者さんが運ばれてくる急性期病棟と比較すると体力的にゆとりがあるのではないでしょうか。

もちろん中には夜間帯に緊急手術を行う病院もありますので、その場合は待機室で待機していても、オンコールに備えて自宅待機していても、精神的に緊張状態が続くようです。

夜勤がある場合は、そのような精神的なプレッシャーを抱えるかもしれませんね。

また、体力的にハードな診療科として小児科があります。小児科は内科、外科、整形外科など幅広い知識が必要になるため、予想より体力的にきついと感じる看護師も多いですね。

日常的に子供と接する仕事なのでコミュニケーション力も必要になりますし、保護者への対応も大切になるでしょう。そのような部分でも小児科は疲労度が高いようです。

尚、診療科ごとの詳細な忙しさについては、ぜひ看護師紹介会社に相談されてみて下さい。

紹介会社のコンサルタントは、求人に掲載されていない情報まで押さえているケースが多いので、診療科ごとの忙しさについて教えてもらえることがありますよ。

看護師紹介会社は無料で利用できますので、ぜひ相談されてみて下さいね。