夜勤の無い看護師の働き方

手術室看護師の仕事は夜勤なしも多いです

手術室看護師の仕事は夜勤なしで働けることが多いです。

病棟勤務はシフトで夜勤が入るのが基本ですが、手術室ナースは病院によって夜勤の有無も変わるんですよね。

そのため、夜勤の無い看護師求人を探した結果、手術室看護師として働いているナースもいると思います。

夜勤が無い分、給与は病棟看護師より低くなるケースが多いですが、日勤と夜勤を繰り返して生活のリズムを崩したり、不規則な生活による倦怠感、疲労感から解放されやすいのではないでしょうか。

しかし手術室看護師の求人には、夜勤が無い分オンコールがあったり、同じ夜勤でも当直扱いになることもあります。そのため、入職前にしっかり確認すると良いですね。

オンコール体制を取っている手術室の場合は、週や月のオンコール平均回数、どのくらいの頻度で呼ばれるかを確認すると良いでしょう。

やはり夜間に緊急手術を行う病院は、夜勤やオンコールがあるんですよね。逆に昼間に集中的にオペのスケジュールが組まれている病院は、夜勤なしで働けると思います。土日休みのケースも多いですね。

その辺りは病院によって異なりますので、看護師紹介会社に問い合わせてみて下さい。

手術室ナースは看護師として幅が広がる?

手術室への転職理由は様々ですが、給与、収入よりも看護師として幅を広げたい、スキルアップしたいと考えて転職するナースも多いですね。

年収アップを考えるなら、夜勤がある病棟や介護施設の方が良いかもしれませんが、オペー室ナースの仕事は、他では得られないスキルを身に付けることが出来るでしょう。

器械出しの仕事、外回りの仕事、共に病棟や外来勤務では経験できないので、看護師として幅を広げるために転職を考えても良いですね。

夜勤無し土日休みの手術室なら、プライベートの時間も大切に出来ますし、若干収入は低くても充実感を持って働けるのではないでしょうか。

そのためにも、まずはオペ室ナース求人探しから初めてみて下さい。

看護師に特化した人材紹介サービスを利用することで、スムーズに転職できる可能性が高くなりますよ。

まずは無料登録後に相談してみて下さいね。