手術室看護師の適性

手術室看護師の適性に関して

手術室看護師の仕事へ転職を考えている、自分にオペ室ナースの適性があるだろうか…と考えているあなたへ。

手術室看護師の仕事内容は、器械出しと外回りに分かれます。器械出しは主にオペ室で医師をサポートする役割ですね。手術器具を手渡したり、器具を清潔な状態に保つことも業務内容です。

外回りはオペ前後の患者さんのケア、家族への説明業務などが仕事内容です。手術後に病棟看護師へ報告することも業務の1つですね。

総じて言えるのは、コミュニケーション力が必要ということです。

手術室看護師と聞くと、黙々とオペ室で仕事を行うイメージを持っている看護師さんもいますが、実際は高いレベルのコミュニケーション力が求められます。

手術の流れやドクターの気持ちを考え、器械出しを行うのもコミュニケーション力がなければ出来ませんし、外回り業務も同じですね。

周囲の看護師との協調性が大切な仕事ですので、手術室看護師の適性として求められるのがコミュニケーション力と言えます。性格的に他者とのコミュニケーションが得意な方は、手術室看護師に向いていると言えるでしょう。

その辺りは新卒でも看護師経験が長い方でも同じですね。ある程度先天的なスキル・能力ではないでしょうか。

手術室看護師として求められる能力

次に推察力・洞察力も必要になります。オペ中の患者さんの状態を把握し、手術の流れを考え、的確に動ける能力ですね。コミュニケーションとも関わってきますが、俯瞰的に物事を捉えられる力、全体を観ることが出来る能力も大切になります。

一般的にマネジメント能力とも言われるスキルですね。そのように冷静に全体を見渡せるスキルも大切になります。

最後に求められるのが、精神力と体力です。特に手術室看護師として仕事が浅い頃は、手術中に体調を崩すこともあるようです。手術室は張り詰めた緊張感がありますし、病棟や外来以上に失敗できない雰囲気があると思います。

一つの失敗により患者さんの命が左右されますから、緊張感に包まれているのは当然ですね。

そのような張り詰めた雰囲気の中で的確に行動する必要がありますが、仕事に慣れるまでは精神的にも体力的にも疲労を感じることが多いようです。

オペ室看護師として働く過程で慣れていく部分ではありますが、最初から精神的、体力的にタフでなければ勤まらない仕事と言えるかもしれません。

以上、手術室看護師の適性について記載いたしました。まとめると以下3点となります。

他にも勉強意欲、向上心は当然必要になりますし、手術の成功へ向けた目標達成力も大切になると思います。

尚、手術室看護師の現状、求人に関する詳細につきましては、看護師紹介会社のコンサルタントに相談されることをおすすめ致します。