手術室看護師を辞めたい、退職理由

手術室看護師の退職理由について

手術室看護師の退職理由は様々ですが、良く見られるのは人間関係の悩みや仕事の適合性ですね。

オペ中は緊張感が張り詰めていますし、スピードを求められるため、気を抜くことが出来ません。また手術中は立ち仕事が多いため、体力的にも精神的にも厳しい仕事と言えるでしょう。

夜勤は少ない病院が多いですが、時にオンコール出勤しなければならないこともあります。そのためなかなか仕事とプライベートの切り替えが出来ず、責任感の強いナースほど様々なことを抱え込む傾向にあるようです。

また人間関係についても同様で、職人気質のナースが多いと言われる世界ですから、時に新人に対して厳しすぎる側面があるかもしれません。

もちろんその辺りは病院によっても異なりますが、手術室看護師を辞めたい…そう思っている看護師さんの中では、上位に入る理由のようです。

病棟や外来勤務とは異なる世界ですから、仕事に慣れるまで時間が掛かり、結果的に周囲の評価が上がらず居心地が悪くなるパターンが多いですね。最初は手術室看護師の仕事をしたいと思っても、実際に働いて仕事が向いていないと思うこともあるでしょう

プロとして仕事に馴染む努力は必要ですが、それでもどうしても仕事を覚えられない場合、仕事が苦手な場合、再転職することも選択肢の一つかなと思います。

看護師は人材不足が続いていますし、他の職業のように何社面接を受けても仕事が決まらず…ということも無いと思います。

実際に働いてみるまで、あなたが手術室看護師に向いているかどうかは分かりせんので、まずは積極的に求人探しを行ってみてはいかがでしょうか?