手術室看護師の役割について

手術室看護師の役割・仕事内容

手術室看護師の仕事内容・役割は、病棟勤務のナースとは異なります。

専門的なスキルと共に患者さんと向き合うのが手術室看護師(オペ室看護師)ですね。

直接介助(スクラブナース)と間接介助(ラウンドナース)に分かれます。直接介助は医師や医療スタッフと連携して、オペ中に器械出しを行う仕事です。手術の流れを理解して、適切な地位ミングでメスなどを渡すことになります。

消化器外科、心臓血管外科、耳鼻科、皮膚科、脳神経外科など、担当する科によって使用する器械も変わりますから、日々の勉強が大切になります。

間接介助は執刀医や麻薬医がスムーズにオペできるようにサポートを行う仕事です。具体的には、消毒や滅菌の処理、医療機器の操作やモニター監視ですね。

上記のように手術室看護師も直接介助、間接介助によって役割も異なりますが、チームで手術に臨むことは変わりありません。執刀医だけでは手術は円滑に進みませんので、そのサポートを手術室看護師は行うことになりますね。

看護師専門の転職支援サービス・人材紹介会社

手術室看護師の役割を押さえた上で求人探しを行うことで、転職後もよりスムーズに仕事に入れるのではないでしょうか

具体的な役割に関しては、病院によっても異なる部分があると思いますが、総じてオペ室ナースの役割は上記のように言われています。

その他、詳しい状況、転職・就職に関する相談については、看護師専門の転職支援サービス・人材紹介会社に問い合わせて下さい。看護師求人は非公開求人も多いので、その中に手術室看護師の募集が含まれていることは充分に考えられます。

今は全国対応の人材紹介会社が多く、拠点も全国的に展開していることが多いので、まずはキャリアコンサルタントに相談すると良いですね。その中で手術室看護師の転職状況、仕事内容や役割も、よりクリアに見えてくるのではないでしょうか?