オペ室看護師の年収について

オペ室看護師の年収に関して

オペ室看護師の年収はどの位なのでしょうか。一般的に病棟勤務よりも給料が少ないと言われますが、実際はどうなのでしょうか。

看護師の平均年収は470万と言われていますが、オペ室看護師の年収は400万~500万の間で推移しています。その辺りは手当によっても変わりますね。

待機が必要なオンコール勤務もあるので、その場合はオンコール手当が支給されるでしょう。その他、待機手当や手術手当、賞与(ボーナス)、労働条件や経験年数によっても年収は変わります。

そのため一概に病棟勤務よりも手術室勤務の方が年収は低い、とは言えませんね。病棟でも高年収の病院がありますし、正社員、契約社員、アルバイトなどの勤務形態によっても変化すると思います。

一般的にオペ室看護師は夜勤がないため、その分給料が低くなる傾向にあります。ただし救急患者の受け入れ体制が整っている病院の場合、手術室の夜勤もあることでしょう。

夜勤のあるなしにより、400万~500万の間で年収は変わってくると思います。夜勤がある手術室の場合は年収500万弱、無い場合は400~430万が相場と言えますね。

看護師転職支援に特化した人材紹介会社

より詳細な情報については、ぜひ看護師支援に特化した人材紹介会社・求人サイトに相談されて下さい。転職に関する様々な情報がストックされていますし、あなたの希望を聞いた上で、条件にマッチした手術室看護師求人を探してくれるでしょう。

仕事探し、求人探しに関しては、人材紹介会社のようなプロのサポートを受けることが近道です。履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策のアドバイスも行ってもらえます。

そのような看護師専門の転職支援サービス・人材紹介会社を利用しながら、ぜひオペ室看護師の求人を見つけて頂ければと思います。