手洗い看護師、器械出し看護師

手洗い看護師と器械出し看護師について

手術室看護師は大きく直接介助と間接介助に分かれます。

間接介助は手術中の気配り、マネージャー的な役割を果たします。外回りと呼ばれる業務ですね。

対して直接介助の仕事に器械出しが含まれています。手洗い看護師も器械出し看護師も呼び方は違いますが、直接介助の看護師のことですね。オペ中に器械出しを行う看護師には「清潔」な状態が求められますから、術前の手洗いも必須になります。

そのような経緯から、直接介助の看護師を手洗い看護師、器械出し看護師と呼ばれるようになったのでしょう。

他にも色々な呼び方がありますが、最近は直接介助を『器械出し』、間接介助を『外回り』と呼ばれることが多いようです。

器械出し看護師(手洗い看護師)の主な業務として、手術器具を医師に手渡すことが挙げられます。メスやハサミを医師に手渡す仕事ですね。手術の流れを予測して、医師をサポートする役割です。

複数の人材紹介会社を利用しましょう

医師は手術に集中していますので、術野から目を離すことが出来ません。安全に操作を行うため、器械出し看護師が必要になるわけです。オペはチームで行うことになりますから、看護師の立場も重くなると言えるでしょう

その分、器械出し看護師はやり甲斐がある仕事ですし、やはり看護師として一度は手術室で働いてみたい、と思われている方も多いので、積極的に手術室看護師の求人案件を探してみてはいかがでしょうか?

病棟や外来求人と比較して、決して求人数は多くありませんが、東京・大阪を初め政令指定都市では一定の手術室看護師求人が見られると思います。

探すタイミングによっては早期に見つかることも考えられますので、複数の人材紹介会社を利用しながら、求人探しを行って頂ければと思います。