直接看護師と間接介助看護師の違い

直接看護師と間接看護師の違いについて

手術室看護師の仕事内容として、『器械出し』と『外回り』があります。器械出しは直接介助、外回りは間接介助ですね。それぞれの役割の違いと仕事内容について見ていきましょう。

まず直接看護師(直接介助)ですが、医師にメスや鉗子など手術に必要な器械を渡す役割があります。オペを行っている医師が何を求めているのか、どのようなことを考えているかを予測して、即座に行動に移す仕事と言えます。

疾患部への直接援助、手術器具の判断、手術器具の手渡し、減菌状態の保持などが役割ですね。オペは医師だけでは行うことが出来ませんから、直接介助の役割は非常に大きいと言えるでしょう。

次に間接看護師(間接介助)ですが、オペが安全に行われるように、様々な気配りを行う仕事です。直接介助の看護師とは異なり、手洗いを行わずに手術に立ち会います。手術全体を把握する役割ですね。

手術前の患者さんに声掛けを行ったり、オペ中の体位を変えたり、看護記録の作成、輸血タイミングの指示出し、手術後の申し送りなどが仕事内容です。患者さんのご家族に対応する役割もあります。

ご家族は手術室の中が分かりませんし、不安な気持ちを抱えています。そのような家族にとっては看護師さんだけが情報源なので、冷静に状況を伝える力と、コミュニケーション力が求められる仕事と言えるでしょう。

以上が直接看護師と間接介助看護師の仕事の違いですね。

オペはチームで行うことになりますから、手術室看護師は重要で大切な役割を担います。その分精神的、体力的に厳しい部分もあるかもしれませんが、看護師の花形と言える職業なので、ぜひ積極的に求人募集を探していただければと思います。