手術室看護師の仕事、役割 記事一覧

手術室看護師の清潔・不潔について
手術室看護師として働く上で、清潔、不潔の定義は非常に重要です。その辺りは最初に徹底的に叩き込まれるかと思います。『手洗い後、肘より先を下げない』という行為は、清潔さに対する一つの象徴的な動作ですよね。
直接看護師と間接介助看護師の違い
手術室看護師の仕事内容として、『器械出し』と『外回り』があります。器械出しは直接介助、外回りは間接介助ですね。それぞれの役割の違いと仕事内容について見ていきましょう。
手洗い看護師、器械出し看護師
手術室看護師は大きく直接介助と間接介助に分かれます。間接介助は手術中の気配り、マネージャー的な役割を果たします。外回りと呼ばれる業務ですね。対して直接介助の仕事に器械出しが含まれています。
オペ室看護師の年収について
オペ室看護師の年収はどの位なのでしょうか。一般的に病棟勤務よりも給料が少ないと言われますが、実際はどうなのでしょうか。看護師の平均年収は470万と言われていますが、オペ室看護師の年収は400万~500万の間で推移しています。
手術室看護師の役割について
手術室看護師の仕事内容・役割は、病棟勤務のナースとは異なります。専門的なスキルと共に患者さんと向き合うのが手術室看護師(オペ室看護師)ですね。
手術室看護師を辞めたい、退職理由
手術室看護師の退職理由は様々ですが、良く見られるのは人間関係の悩みや仕事の適合性ですね。手術中は立ち仕事が多いため、体力的にも精神的にも厳しい仕事と言えるでしょう。
手術室看護師と看護師資格
手術室看護師として働く上で、看護師以外の資格は必要ありません。看護師資格があれば働けるのが手術室看護師ですね。しかし看護師資格があるからと言って、誰でも手術室看護師になれるわけではありません。適性が必要になるでしょう。
手術室看護師の適性
手術室看護師の仕事へ転職を考えている、自分に適性があるだろうか…と考えているあなたへ。手術室看護師の仕事内容は、器械出しと外回りに分かれます。器械出しは主にオペ室で医師をサポートする役割ですね。
手術室看護師 本
手術室看護師の仕事を知るには、先輩看護師から話を聞いたり、インターネットで情報収集したり、書籍(本)も参考になりますね。OPE NURSINGという専門雑誌も出版されていますね。
夜勤の無い看護師の働き方
手術室看護師の仕事は夜勤なしで働けることが多いです。病棟勤務はシフトで夜勤が入るのが基本ですが、手術室ナースは病院によって夜勤の有無も変わるんですよね。
診療科で違う手術室看護師の忙しさ
診療科で手術室看護師の忙しさは違うのでしょうか? 年収が高い手術室看護師が多いのは眼科や泌尿器科と言われていますので、その分忙しいのかもしれません。