【転職理由】スキルアップのため違う手術室へ

スキルアップのために違う病院の手術室へ

手術室の仕事は看護師としてスキルアップできる、技術力向上のために転職を考えることもありますよね。

オペ時に使用する器具、機械を覚えることはもちろん、医師の手術を間近で見ることが出来るので勉強になりますし、看護師として幅が広がる仕事と言えます。

しかし器械出しを希望したのに外回りになった、逆に外回りで経験を積みたいのに器械出しに配属されるケースもあるでしょう。

また、同じ病院の手術室看護師として働き続けて仕事に慣れると、緊張感が失われてしまうかもしれません。オペ室ナースに限らず、病棟でも外来でも介護施設の仕事もそうですが、一つの職場に長く勤めると、新たなスキルを身に付けづらくなるんですよね。

スムーズな仕事の進行を考えれば決して悪いことではありませんが、転職してきたばかりの緊張感、仕事に慣れるまでの向上心、新たな手術室で身に付く技術を考えると、スキルアップのための転職も視野に入れると良いですね。

同じ器械出しの仕事でも診療科によって流れは変わると思いますし、医師によっても違うのではないでしょうか。たとえば名医と呼ばれる医師の手術を間近で見ることで、手術室看護師としてスキルアップできるかもしれません。

人気の看護師紹介会社を利用する

手術室看護師の経験が長ければ、転職時する際に、より好条件、高給与の病院で働くチャンスも高くなります。

手術室看護師は看護師の花形とも言える仕事ですし、一般病棟の仕事内容・役割とは異なりますが、やり甲斐と充実感を持って働きやすいと思います。

「スキルアップのために違う手術室で働きたい」、その場合は看護師紹介会社を利用されてみて下さい。

ハローワークや求人雑誌を利用するよりメリットが多く、求人項目に載っていない情報まで教えてくれることがありますよ。

有給消化率、残業の有無、育休産休の取得実績、人間関係や雰囲気など詳細を尋ねることが出来ますし、無料登録が出来るのでリスクが無いんですよね。

今は多くのナースが紹介会社・転職求人サイトを利用して仕事探しを行っていますので、まずは会員登録から初めると良いでしょう。

当サイトから良く利用されている人気の求人サイトは以下ですね。