新卒看護師 手術室求人

新卒看護師のオペ室ナース求人について

新卒看護師の手術室求人ですが、病棟や外来勤務と比較して数は少ないようです。しかし未経験歓迎の求人があれば、履歴書を送って面接を受けることで、採用される可能性はありますね。

また、新卒で手術室完備の病院に勤務した後、オペ室ナースとして配属されることもあります。

手術室勤務は特殊な仕事なので、若い内に経験しておいた方が良いという意見と、最初は病棟勤務で経験を積んでから手術室に転職した方が良い、という意見があります。

新人の内に経験するメリットとして、細かな部分まで目が届くようになる、外科系の処遇介助に強くなる、その後急性期に転職すると素早く対応できる、などがありますね。

逆にデメリットとしては、一般的な技術(スキル)が身に付かない、学校で習った内容とかけ離れている、などがあります。採血や注射、保清などの一般的な技術を身に付ける場合は、やはり病棟や外来勤務が必要になるのではないでしょうか?

上記を踏まえて新卒で手術室の求人を探す場合は、転職エージェントに相談されると良いですね。

転職エージェント(看護師人材紹介会社)に相談することで、手術室看護師の仕事に関する悩みにも答えてもらえると思いますし、効率よく求人案件を探すことが可能です。

人材紹介会社を利用するメリット

看護師の場合、学校卒業後に病院を紹介されることもありますし、看護学生の間にアルバイトを行っていた病院にそのまま就職することもあると思います。

それと共に、人材紹介会社・就職支援サービスを利用することで、選択肢が広がると言われていますね。

人材紹介会社には様々な就職・転職支援の事例がありますので、その辺りの情報収集も行いながら、より条件の良い職場を探すことをおすすめ致します。

最初に手術室看護師として働いても、その後病棟や外来に勤務して活躍している看護師さんも多々いらっしゃいます。そのような先輩ナースの体験談も参考にしながら、求人探しを行ってみて下さいね。