手術室看護師に必要な資格

手術室看護師に必要な資格はある?

手術室看護師として仕事をしたいという人が、このところ増えているようです。

メディアで医療機関のドラマなどが出る機会が増え、看護師という職業にスポットが当たったことも要因の1つであるようですが、手術室看護師は非常に重要な仕事ということを知っておく必要があるでしょう。

手術を行い、患者の命を直接的に救うのは医師かもしれませんが、その手術をサポートし、医師がスムーズに手術を行う事が出来るようになっているのは、全て手術室看護師の仕事によるものと言えます。

それだけに看護師の花形とも言える業務でもありますが、では、この手術室看護師になるためには、どのような資格が必要なのでしょうか。

結論だけ言ってしまえば、手術室看護師になるために必要な資格は看護師資格だけになります。極端な話、看護師として勤務しているのであれば、誰でも手術室看護師になることは出来ます。

事実、配属一年目にして手術室看護師として配置されるという看護師もいるほどの業務になります。

大きな大学病院などになれば、専属で手術室看護師を配置し、専属の部署もあると言われていますが、やはり最低限必要なのは看護師資格となります。

手術室看護師には冷静な判断が必要です

看護師資格があれば、看護師と名のつく仕事の全てを行う事が出来ると考えればいいでしょう。しかし、看護師資格があるから誰でも手術室看護師になれるというわけではありません。看護師資格は基本中の基本的な資格になります。

そのほか、手術器具に関しての知識、手術に関しての知識、あらゆるケースに対して冷静に対処する事が出来る精神力、常に的確な判断を下すことが出来る判断力。

少なくとも、目に見える「資格」と言うものではない「資格」としては、上記の要素が手術室看護師に必要な「資格」であると言えます。

なお、血や臓器を見ると気分が悪くなる人も中にはいますが、そういう人には向かない仕事です。

1つのミスも許されない、1分すらも惜しい手術と言う現場ですから、常に最善で最良の判断を下すことの出来る冷静な看護師はどこも喉から手が出るほどに欲しい人材です。

自分がそれほどの人材になることが出来るかは、自分の意識次第です。立ち会っているのが、人の命の瀬戸際であると言う認識は、人の意識を変えるに十分な環境であるはずです。