手術室看護師の退職と復帰

手術室看護師の退職に関して(妊娠のケース)

妊娠は誰にとっても嬉しいものです。それが女性ともなれば、自分のお腹の中に可愛い自分の子供が育っていくというのは、何にも勝る喜びでしょう。

結婚をし、子供を作る。ごくごく当たり前な自然の摂理です。

さて、女性の割合が圧倒的に多い看護師の妊娠は、おめでたい出来事なのですが、職場にしてみれば一大事でしょう。

妊娠したスタッフがいれば、それだけ配慮も必要になりますし、産休ともなれば、人手不足といわれている看護業界ですから、人員の補充も難しい問題です

また、それが手術室看護師であった場合、更に大きな問題になります。

多くの女性が知っているように、大なり小なり妊娠初期にはつわりなどがあります。つわりじゃなくても、なんとなく体調不良になることが多くなります。

自分でコントロールする事が出来ないものですが、例えば、手術中につわりで一時退席などはできません。そのため、妊娠が分かった時点で器械出しの業務は外されると考えましょう。

手術は命に直接関わる大きなものです。その際にはどのような小さな不安要素すらも介入させないようにすると言うのが大前提なので、そこは仕方がありません。

手術室看護師の復帰について

出産後も手術室看護師としての復帰は想像以上に難しいものになるでしょう。

子供が小さい時分であれば、自宅での自己学習の時間も上手に取れなくなります。育児に時間を取られ、自分のための時間などほとんどなく、育児と家事に追われる日々になります。

周囲の協力や職場である病院の理解があれば、早期復帰と言う事も出来るでしょうが、現実には相当に難しいものであるようです。

仮に出産後に手術室看護師として復帰したいのであれば、子供を安心して預け、自己学習が出来る環境を整え、仕事と家庭を両立させなければいけません

やってみれば何とかなるなどの甘い見通しでは、大きなミスに繋がることもあります。これは看護師として最もしてはいけない判断でしょう。

ですので、手術室での看護師の業務に携わりたいのであれば、妊娠について自分自身でしっかり考えると同時に、職場や親、そういった周りの話も考慮していけば、長く続けられるし、ブランクがあっても問題なく復帰できるでしょう