手術室看護師の仕事のストレス

手術室看護師と仕事のストレスについて

手術室看護師は看護師の中でも特にストレスの強い部類に入るといわれています。

もともと、看護師という職業自体、ストレスを受けやすいといわれるものですが、中でも手術室看護師は血を見たり、直接臓器を見たり、急変に対応したり、術中死に立ち会うこともありますし、何より一分一秒を争う手術を毎日こなしているのですから、それらの事案から受けるストレスは想像を絶するものです。

看護師という職業柄、人の命を預かる職業になりますから、ミスできないと言う緊張感は常にあります。

また、病院と言う閉鎖的な環境にあり、ほぼ女性社会である職場には、複雑な人間関係が存在し、残業、夜勤と言った生活習慣によってもストレスを蓄積していきます。

中には新人1年目にしてうつ病を発症してしまうというケースもあり、看護師がいかにストレスを受けやすい職場であるかと言う事が分かります。

しかし、それよりもストレスを感じる機会の多いのが手術室看護師です。先に挙げたように、看護師は人の命を預かる仕事になります。

メンタルを鍛えることが大切です

手術室看護師と言うのは、手術に立会い、医師やスタッフのサポートを行う業務に当たる看護師となります。

手術室看護師の行動1つで手術の流れが大きく変わり、ミスは即患者の命の危機に直結するため、受けるプレッシャーは病棟看護師の比ではありません

また、ミスではないにしても、術中に患者が亡くなってしまうというケースも少なくはなく、そういったものは明らかにストレスの要因といえるでしょう。

1つの小さなミスも許されず、長時間の緊張状態、狭い空間と言う環境はストレスを感じない環境とは言えません。それだけに手術室看護師には、日々のストレスコントロールが求められます

自分のストレスをしっかりとコントロールし、人の死やプレッシャーに対して対処することが出来るメンタルを育てることが手術室看護師に求められるスキルになります。

病棟看護師や外来看護師も十分にストレスを感じることの多い業務ですが、やはり日常的に人の命に直結する業務に当たっている手術室看護師のストレスが強いといえるかもしれません。

そうはいっても職場を変えたい・・・という場合

ただ、そうはいっても人によってはストレスが蓄積してしまい、耐えきれないレベルになってしまうこともあるでしょう。

そうした場合には、まず可能であれば上長に相談し、異動をさせてもらうなどがまず第一の選択肢となるでしょうか。

そうした手段が取れない場合や、手術室看護師としての仕事は続けたいが、今の病院では働き続けられない理由などがある場合(人間関係などの理由)には転職も含めて検討されると気持ちが潰されず良いかと思います。

その際には、サポートが手厚い、親切と評価を得ている看護師人材紹介会社を利用される事をおすすめします。

同じような環境に転職してしまわないように、しっかりと話を聞き、求人紹介をしてもらえることが必要ですよね。ムリに転職を進めてこない事も重要ですね。

といったサポートが手厚いと定評のある人材紹介会社をオススメいたします。