手術室看護師の仕事内容・役割

手術室看護師の仕事って?

このところ、医療をテーマに扱ったドラマや小説などでリアルに手術をしている場面をよく見るようになりましたね。特に手術シーンなどの場合、アシストしている看護師の存在は煌びやかなものに移り、看護師の花形とも思えてしまうほどです。

看護師として勤務している方にも、手術室看護師として経験を積んでみようと思っている方もいると思います。また、これから手術室看護師としての業務を目指している方も少なからずいることでしょう。

何も知らない手術室看護師と言う業務に当たるよりも、事前に手術室看護師と言う仕事がどのような役割で行われるものであるのかと言う事を知っておくといいでしょう。

手術室看護師、いわゆるオペ看には主に2つの役割があります。

一つは術中に医師に手術器具などを渡す器械出しと言われる役割です。ドラマなどで執刀医役の役者が「メス」などの声と共に手を出し、そばにいる看護師が言われた器具を渡すシーンは誰もが知っているものでしょう。その役割が器械出しになります。

もう一つがドラマなどではほとんど映ることはありませんが、必要な器具を準備したり、不足している器具の補充や患者の介助などの手術に直接関わることはなくとも、重要なポジションになるのが外回りと言われる役割りです。

手術室看護師の外回りについて

手術をしていれば、準備されている器具だけで全てが行われるわけではなく、何かと不足することもあります。また、輸血も常に行われることになり、輸血のための血液が少なくなれば、随時補充出来るように準備しておかなければいけません。

ドラマなどで見られる手術室看護師のほとんどは器械出しの看護師ですが、実際、手術を支えているのは、周囲で目まぐるしく動き回り、医師や器械出しの看護師、他のスタッフがスムーズに手術に集中出来るように配慮している外回りの手術室看護師の存在ありきになります

まさに縁の下の力持ちと言うポジションになるのが手術室看護師と言う役割りです。

一見すれば看護師の花形のようにも見えますが、一つの判断ミスが手術全体の流れに大きな影響を与えることになる非常に責任の重い業務でもあります。