手術室看護師の給料の相場

手術室看護師の給料について

看護師としてのスキルをもっと磨きたい、より広い業務で経験を積みたい、そんな看護師が手術室看護師を目指すことが多くなっているようです。

ただ、実際に仕事として携わる前に気にしなければいけないものが存在します。それが給料です。

仕事をして、その報酬として受け取ることが出来るのがお金であり、人の生活を支えるのに、またモチベーションをあげるのに必要不可欠なものです。

単純に憧れなどで手術室看護師を志している方もいるかもしれませんが、現実に給料がどの程度のものであるのかをご存知でしょうか?

一般的な手術室看護師の給料は病棟勤務の給料よりも少ないといわれています。
中規模の病院であれば、専属で配置していると言う事も少ないでしょうが、大きな大学病院などになれば、専属で配置していることも多くなります。

そうなれば、病棟看護師とは別の部署として扱われ、勤務形態も大きく変わるようになります。
具体的な業務としては、手術の際に執刀医の介助を直接的・間接的に行ったり、手術記録を書いたりすることが業務のメインになります。

手術時間が、予定より長くなればそれなりに残業はあります。
ただ、緊急手術でもないかぎり夜間の手術はありませんが、必要な人員が揃わないときに呼び出されることもあります。

手術室看護師の給与の相場って?

手術室看護師の給料の相場は、手取りで16万~20万円程度が相場であると言われています。
大きな大学病院でも同程度ですから、一人暮らしをしている方にとっては、生活費を払ってほとんどなくなってしまう程度の給料となるでしょう。

病棟看護師に比べれば半分程度の給料となりますから、手術室看護師の給料が安いというのも納得の出来るものです。
しかし、これはその病院によって異なるもので、高い場合には30万~35万円をもらえるところもあるので、一概に給料が低いということではありません。

もし、手術室看護師として働いていこうと考えているのであれば、基本給プラスアルファの手当てが貰えるように何かしらの資格を取得しておけば、安定して高い給料をもらうことができるはずです。

例えば、ある程度実務経験を積んだら手術看護認定看護師資格などは比較的取得もしやすく、看護師としてのスキルアップに最も適している資格ですから、目指してみるといいでしょう。