手術室看護師になるには

手術室看護師への転職をお考えの方へ

看護師には、その勤務形態によって様々な名称があります。

例えば、病院に診察に行った際に出会うのは、誰もが知っている外来看護師。外来に来た患者に対してのケアをし、診察をする医師のサポートをする役割を担います。

それから3交代で看護を行う病棟看護師。入院患者のケアを行う事をメインの業務にした看護師で、一般的な看護師としてのイメージは、この病棟看護師と言ってもいいでしょう。

他にもいろんな看護師がいるのですが、手術のサポートを行う手術室看護師がいます。

前述の2つの看護師とは業務が大きく異なり、メインになるのが手術の介助になります。

大きな病院では、専属で手術のために看護師を配置することがほとんどで、一日の手術数が多ければ、それだけ手術室看護師の需要は高くなります。

看護師の中には、手術室看護師を目指そうと思ってる方も増えてきているようですが、実際、業務に携わるためにはどのような資格や経験が必要なのかがわからないと言う方もいるでしょう。

結論から言ってしまえば、手術室看護師になるために必要な資格や経験は特にありません。

最低限必要になるのは、看護師として勤務するための看護師資格になります。

手術室看護師になるには?

では、どうやって手術室看護師になるのか

これは、異動や転職時の面接での要望を出すなどして申請し、病院側が受けた場合になることが出来ます。

専属で配置している大きな病院であれば、異動などの可能性もあるでしょうが、専属で配置していない場合、病棟看護師や外来看護師という業務をメインとしながらシフトによって手術室に勤務する日もある、といった形になります。

手術のエキスパートを目指すのであれば、漠然と看護師として患者のケアをするだけではなく、病気に関しての知識や手術に必要な器具について学ぶなどしておくといいでしょう

手術室で扱われる器具には非常に多くの種類があり、その名称を覚えなければなりません。

通常の看護師業務の延長線上にあるとは言っても、看護師自身に手術に関しての知識がなければ、実際に手術となっても役立てるものではありませんから、事前に書籍で勉強したり、オペ室勤務の先輩看護師や執刀医に話を聞くなどして学んだりする姿勢は常に必要となります。